NEWS

アルパカの裏地

祖父の洋服を補正して、またお召しになりたい、とお客様からお預かりした一着。

あれこれと目を通していますと、

裏地には、今では大変珍しい「アルパカ」を使っていらっしゃいました。

父にも、このことを話したところ、

昔は、裏地としても、よくアルパカ地が使われていたそうです。

アルパカ地には、上毛と下毛が在り、(カシミア地にも良く似た特徴が在ります)

下毛はトロリと柔らかく、シルクのように美しい光沢を放ちます。

また、非常に軽く保温性に優れるため、冬のコート地として大変重宝されています。

下毛は非常に軽く保温性に優れるため、高級コート地として重宝されています。

反対に、上毛は外気に触れる表面の毛であるため、

固く、コシが在るといった印象です。

(同じアルパカ地、異なる表情。)

この上毛が、今回の裏地として使われていた、というわけです。

時代の移り変わりに影響されることなく、良いものを長く愛用する。

スーツは、単なる仕事着や消耗品ではなく、

いつの時代もお客様ご自身を表現するツールであるのだと、

改めて実感したひと時でした。

記事一覧に戻る